下駄っぱーず
早稲田大学
団体の紹介
みなさんこんにちは!
私たちは、早稲田大学の踊る下駄集団「下駄っぱーず」です!
現在は2.3年生総勢64名で週3日の練習を中心に活動しています!
下駄っぱーずは、下駄をはいて踊る唯一無二のサークル!また、オールジャンルのダンスサークルなので、ジャンルにとらわれることなく、踊りを楽しむことができます!自分たちのことを見てくれているお客さんを目の前にして踊り、ステージから見えるその景色は、何にも変えがたいもので、まさに青春を感じる、一生心に残る思い出になります!
経験者未経験者は問いません!現役の下駄民も大学でダンスを始めた人も多いぐらいです!
ぜひ、私たちと一緒に、一生心に残る思い出を作りませんか?
団体のPR
下駄っぱーずの良さといえば、まずは「雰囲気の良さ」です!代を超えて仲がよく、下駄っぱーずはいつも温かい雰囲気に包まれています。「下駄っぱーずの新歓練習に行ったら雰囲気が良くてここに入りたい!って心から思った!」と言って入会してくれる新入生が毎年続出します!また、ジャンルにとらわれない踊りに挑戦できるというところも魅力の1つです。1つのジャンルに絞るのではなくさまざまなジャンルの踊りに挑戦することができ、また「和」の要素まで感じられる、、これは下駄っぱーずの大きな特権です!そしてなんと言っても下駄っぱーずには欠かせないのが「下駄」!踊ると下駄の音がカンカンと響きます。みんなの下駄の音があった時、その達成感は他では味わえません!
下駄っぱーずってこんなサークルです!
概要
  • 人数 / 男女比 
    男3:女7
  • 活動場所
    早稲田大学近郊
  • 活動日
    毎週月•水•金曜日 19:00-22:00
  • 部費
    入会金約4000円、部費約5000円(半期)、衣装代•下駄代約4万円、遠征費約3〜4万円(1回につき)
年間スケジュール
4月 新歓パフォーマンス
5月 Y162(横浜)•文芸祭
6月 単独公演
7月 テスト休み
8月 おの恋踊り(兵庫)•夏合宿(レク合宿)
9月 にいがた総おどり(新潟)•三茶よいしょ祭り(三軒茶屋)
10月 稲門祭(早稲田)•ホッチポッチ(横浜)•所沢キャンパス祭(所沢)
11月 早稲田祭
12月 バサラカーニバル(岐阜)
1月 テスト休み
2月 ホノルルフェスティバル(ハワイ•隔年)•春合宿(レク合宿)
※コロナ感染拡大前のスケジュールです
Q&A
サークルでの飲み会の人数規模や頻度を教えてください。
飲み会はほとんどありません!
他サークルやバイトとのかけもちはできますか?今の部員でしてる人はどれくらいいますか?
どちらもできます!
サークルの掛け持ちは全体の3割ほど、バイトはほとんどのサークル員がしています!
未経験ですが大丈夫でしょうか?
未経験者でもなんの問題もありません!実際、全体の7割ほどが未経験者です!
自主練(公式な集まり以外の自主的な活動)はどれくらいありますか?
人によります!(笑)踊りに打ち込んでいれば、週3日ほど行く人もいますが、月に1、2回の人もいます!自主練に強制力は全くないので、自分のペースで練習できますよ〜
入部のきっかけ・あるあるエピソード
私は入学前に下駄っぱーずのパフォーマンスを見たことはなかったのですが、ダンスサークルを探していた中、1つの選択肢として下駄っぱーずの新歓練習に参加しました。すると、下駄っぱーずの先輩方が私たち新入生に優しく教えてくださったり、練習の和気あいあいとした雰囲気に惹かれて、それからは下駄っぱーず一択になりました!(笑)私のように下駄っぱーずの雰囲気に惹かれて入会を決めた!という人はとても多いです!
下駄っぱーずの!